トップページへhttp://www.tut.motonobukawashima.com/Motonobu_Kawashima_TUT/Welcome.html
 
Original CG/Cinematics
Advanced CG Animation
Motion Capture
Graphics:UE4
Original CG/CinematicsOriginalCGAnim_Home.htmlOriginalCGAnim_Home.htmlshapeimage_7_link_0
Advanced CG AnimationAdvancedCGAnim_Home.htmlshapeimage_8_link_0
Motion CaptureMocap_Home.htmlMocap_Home.htmlshapeimage_9_link_0
VirtualRealityCG
Graphics:UE4GameGraphics_Home.htmlGameGraphics_Home.htmlshapeimage_11_link_0
Home
担当教員
 川島 基展

Table of Contents
 
授業概要
近年,S3D(立体視)映像コンテンツが脚光を浴びており,CGクリエーターにもS3D制作のスキルが求められています.本演習では,S3DCGアニメーション制作に必要な知識を学びつつ,3~8名のチームで,作品制作を行います.CGアニメーション制作の基礎を学んだ上で,さらに高度なスキルを身につけたい方のためのプロジェクトです.

授業方法
グループワークは,授業の空き時間や放課後など,各自のスケジュールで任意に行います.演習場所は,片柳研究所棟4Fのコンテンツテクノロジーセンター(CTC)です.
また,毎週の講習会に参加し,S3DCGアニメーション制作に必要なさまざまな知識を学ぶことができます.

準備学習
以下のいずれかのプロジェクト演習を1期以上履修しているか,それと同等の知識と制作スキルを有している方が対象となります.
・オリジナルCGアニメーション
・USC-KI CGアニメーション
・インタラクティブ・ゲーム制作 グラフィックス
・モーションキャプチャ

履修上の注意
とくにありません。プロジェクト演習等での経験は問いませんので、 アニメーション制作に興味があれば どなたでも参加可能です。

成績評価方法・基準
次の項目により、成績を評価します。
・企画書・設定書の完成度・・・20点
・作品の完成度・・・・・・・・50点
・グループワークへの貢献度・・30点
総合点60点以上かつ,期限までに、企画書・仕様書どおりに作品を提出することが、単位認定の最低要件になります。

備考
完成後は、作品発表会を行います。教員だけでなく、苦楽を共にした仲間として、優れたテクニックを公開したり、より良い作品にするための改善点を話し合ったりします。連続履修すれば、このような一連のステップを繰り返すことができますので、在学中に、多くの作品実績を作りつつ、スキルアップを図ることができます。
シラバス
リンク
Team
    Report
授業スケジュール
Weekly
   Report
シラバスVirtualRealityCG_Syllabus.htmlshapeimage_35_link_0
リンクLinks.htmlshapeimage_36_link_0
Team
    ReportTeamReport.htmlTeamReport.htmlshapeimage_37_link_0shapeimage_37_link_1
授業スケジュールSchedule.htmlshapeimage_38_link_0
Weekly
   ReportWeeklyReport.htmlWeeklyReport.htmlshapeimage_39_link_0shapeimage_39_link_1